本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


情けない弟子たち ルカによる福音書22章

 ルカによる福音書の22章には、イエス・キリストが十字架に架けられる前のいきさつが記されています。著者ルカは起こった出来事を入念に調べてまとめました。そこには、エルサレムの指導者たちの悪意によって捕らえられたキリストの姿と、弟子たちの失態とも言える情けない言動が記されています。

1.弟子たちの失態

22:1 さて、過越の祭りといわれる、種なしパンの祝いが近づいていた。
22:2 祭司長、律法学者たちは、イエスを殺すための良い方法を捜していた。というのは、彼らは民衆を恐れていたからである。
22:3 さて、十二弟子のひとりで、イスカリオテと呼ばれるユダに、サタンが入った。
22:4 ユダは出かけて行って、祭司長たちや宮の守衛長たちと、どのようにしてイエスを彼らに引き渡そうかと相談した。
22:5 彼らは喜んで、ユダに金をやる約束をした。
22:6 ユダは承知した。そして群衆のいないときにイエスを彼らに引き渡そうと機会をねらっていた。

 @12弟子の一人、イスカリオテ・ユダが祭司長たちから裏切りの報酬として受け取ったお金は銀貨30枚でした。(現在の日本円にすると約100万円くらいです。)ユダはそのお金欲しさに自分が師と仰いでいたイエス・キリストを裏切り、祭司長らに引き渡すことを約束しました。「ユダにサタンが入った」とルカは記し、裏切りはサタンの策略であったことを明らかにしています。しかしユダに責任がないのではありません。ユダ自身、もともとお金癖が悪かったため、誘惑に負けてしまったのです。サタンはそういうユダの弱さを利用したのです。

 Aさらに愛弟子シモン・ペテロにもサタンが働いて、彼もイエス・キリストを裏切りました。イエス様はその裏切りをペテロにあらかじめ予告されました。
22:31 シモン、シモン。見なさい。サタンが、あなたがたを麦のようにふるいにかけることを願って聞き届けられました。
22:32 しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」
22:33 シモンはイエスに言った。「主よ。ごいっしょになら、牢であろうと、死であろうと、覚悟はできております。」
22:34 しかし、イエスは言われた。「ペテロ。あなたに言いますが、きょう鶏が鳴くまでに、あなたは三度、わたしを知らないと言います。」

 数時間の後、イエス様の予告通り、ペテロはイエス様を否みました。
22:54 彼らはイエスを捕らえ、引いて行って、大祭司の家に連れて来た。ペテロは、遠く離れてついて行った。
22:55 彼らは中庭の真ん中に火をたいて、みなすわり込んだので、ペテロも中に混じって腰をおろした。
22:56 すると、女中が、火あかりの中にペテロのすわっているのを見つけ、まじまじと見て言った。「この人も、イエスといっしょにいました。」
22:57 ところが、ペテロはそれを打ち消して、「いいえ、私はあの人を知りません」と言った。
22:58 しばらくして、ほかの男が彼を見て、「あなたも、彼らの仲間だ」と言った。しかしペテロは、「いや、違います」と言った。
22:59 それから一時間ほどたつと、また別の男が、「確かにこの人も彼といっしょだった。この人もガリラヤ人だから」と言い張った。
22:60 しかしペテロは、「あなたの言うことは私にはわかりません」と言った。それといっしょに、彼がまだ言い終えないうちに、鶏が鳴いた。
22:61 主が振り向いてペテロを見つめられた。ペテロは、「きょう、鶏が鳴くまでに、あなたは、三度わたしを知らないと言う」と言われた主のおことばを思い出した。
22:62 彼は、外に出て、激しく泣いた。


弟子たちの失態はこれだけではありません。
 Bキリストの弟子として歩んできたのに、彼らの関心はこの世のことばかりでした。
22:24 また、彼らの間には、この中でだれが一番偉いだろうかという論議も起こった。
 Cイエス様が十字架を目前に控えて苦しみもだえながら祈っておられるのに、彼らは居眠りしていました。
22:45 イエスは祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに来て見ると、彼らは悲しみの果てに、眠り込んでしまっていた。
22:46 それで、彼らに言われた。「なぜ、眠っているのか。起きて、誘惑に陥らないように祈っていなさい。」

 Dイエス様が捕らえられときには、弟子たちは蜘蛛の子を散らすように逃げてしまいました。
なんとも情けない弟子たちです!

2.イエス様の態度
 情けない弟子たちに対してイエス様はどうされたでしょうか?弟子たちを見捨てられたでしょうか?――いいえ、見捨てるどころか、彼らに立ち直るきっかけを与えられました。
 主を否んだペテロに――わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。
 居眠りしていた弟子たちに――
なぜ、眠っているのか。起きて、誘惑に陥らないように祈っていなさい。
 裏切り者ユダに――
ユダ。口づけで、人の子を裏切ろうとするのか。――悔い改める最後のチャンスを与えられました。しかし残念なことに、ユダは結局自分の犯した罪を悔いて自殺をしました。しかしペテロをはじめ他の弟子たちは復活されたイエス様にお会いして、立ち直ることができました。

3.人は失敗をするもの
 人は怒ったり、ねたんだり、恨んだりします。性の誘惑、肉の欲に負け罪を犯してしまいます。人は不完全な肉の体にいるあいだは様々な誘惑に合うのです。それはクリスチャンになっても、老人になっても続き、誰もが失敗を犯してしまいます。
 昨日は二勝一敗、今日は全勝でも、明日は分かりません。しかし神様が備えられた赦しと救いがあります。神の御子イエス・キリストが人となって生まれてくださり、あなたの罪の代価を支払うために十字架にかかり、血を流し死んでくださいました。それ故、キリストを信じる人の犯した罪は永遠に赦されるのです。もし罪の赦しがなかったら、私たちは自分の肉の弱さのためユダと同じ道を歩まなければなりません。悔やんでも悔やんでも赦されないなら、どこに希望があるでしょう。
 今、全世界の人に罪の赦しの福音が宣べ伝えられています。その赦しを受け取るか受け取らないかはあなた次第なのです。

 クリスチャンは楽天的だとよく言われます。「どれだけ罪を犯しても赦されて天国へ行けると信じている」と。この事はクリスチャンに対する批判の的になります。「罪を軽く見ている。考えが甘い。宗教はそんなに簡単なものではないはず」だと。
 しかし決してそうではありません。聖書の教えほど罪に対して厳しい教えはありません。聖書は「罪の支払う報酬は死です」と宣言します。一回でも罪を犯したら、その人は死ななければならないとするのです。そして死後、人はさばかれて地獄において永遠の苦しみを受けることが定められていると教えているのです。聖書ほど罪に対して厳しい教えはありません。だから人には罪の赦しが必要なのです。

4.罪の赦し
 罪の赦しを与えるためにキリストは天から降りて来られました。キリストは一度も罪を犯したことがなく完全な御生涯だったのに、罪の赦しを与えるために、彼は十字架に架かり血を流し、そのいのちを父なる神にささげなければなりませんでした。血を流すことなしに罪の赦しはないからです。
 人間があなたの身代わりになって死のうとしても意味がありません。なぜならすべての人間は罪人だからです。罪人は自分の罪のためにさばかれるので、隣人のために死ぬことができません。身代わりとなれるのは罪のないイエス・キリストだけです。

 旧約聖書では罪の赦しのために「全焼のいけにえ」をささげていました。傷のない子羊をほふり、血を流して犠牲としてささげました。それは後に来られるキリストを予表(ひな形と言います)していました。旧約時代の人々は子羊がキリストのひな形と知らないまま、傷のない子羊をささげていました。後にキリストが来られて宣教に立ち上がったとき、彼に向けて発せられた言葉は「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」というバプテスマのヨハネの言葉でした。キリストは全焼のいけにえとなって血を流し、ご自身をささげられたのです。神様はキリストによる罪の赦しを予め人々に示し、キリストの十字架によって完成され、いま私たちに福音として罪の赦しを与えておられるのです。
 神様はこの福音を信じる人々に神の子どもという特権を与えられます。それは神様の愛の御手によって守られ、支えられて歩む祝福を含んでいます。クリスチャンが誘惑に負けて失敗したとしても、神様はあなたを決して見捨てられることはありません。

 線香花火は夜空に大輪の花を咲かせるスターマインなどと比べると見劣りしますが、なかなかよいものです。小さな花火ですが、その美しい輝きを放ちます。はじめはくすぶっていても、やがてその光を音を立てながら放ちます。終わりのときになってもまだまだ輝きを放ちます。そしていさぎよく散ります。しかしそれですべてが終わったのではありません。人々に余韻と思い出を与え、香りを残します。クリスチャンのあなたはどうでしょうか?まだくすぶっているでしょうか?あなたに与えられた輝きを放ち、神様の栄光をあらわすことができますように。最後に、ペテロに語られたイエス様のことばを覚えてください。
「わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」