本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


「フリーマーケット!」 イザヤ書55章1-7節


1.フリーマーケット
 最近、多くの場所でフリーマーケットが開催されています。もともとはヨーロッパの大都市の各地で春から夏にかけて、教会や市庁舎前の広場などで開かれる古物市。Freeではなくflea market。日本語では蚤(のみ)の市と呼ばれます。但し、fleaは身体の血を吸うノミではなく、「汚らしい、みすぼらしい」といった意味で使われています。
 日本の場合、「flea market」ではなく、自由参加出来ることから「free market」として開催されているようです。価値のあるものを格安で購入できたとき、掘り出し物を見つけたときは、とてもうれしいものです。

 聖書の中で、預言者イザヤは私たちに最高のフリーマーケットを紹介しています。
55:1 「ああ、渇いている者はみな、水を求めて出て来るがよい。金のない者も。さあ、穀物を買って食べよ。さあ、金を払わないで、穀物を買え。代価を払わないで、ぶどう酒と乳を。
55:2 なぜ、あなたがたは、食糧にもならないもののために金を払い、腹を満たさないもののために労するのか。わたしによく聞き従い、良いものを食べよ。そうすれば、あなたがたは脂肪で元気づく。
 すべて無料だと言うのです。――それは、神様の恵みを無料で受けよということです。確かに私たちは神様から多くのものを無料でいただいています。太陽の恵み、雨の恵み、雪の恵み、地下資源は言うに及ばず、風の恵み、そしていのちの恵み…数え切れません。
 2節では、私たち人間は無駄なもののためにお金を使い、無駄に骨を折っていると教えます。その証拠に、人間は幸せになるため懸命に働いているのに、悩み、苦しみは増える一方です。同じ旧約聖書の伝道者の書には次のように記されています。
1:18 実に、知恵が多くなれば悩みも多くなり、知識が増す者には苛立ちも増す。
2:22 実に、日の下で骨折った一切の労苦と思い煩いは、人にとって何なのだろう。
2:23 その一生の間、その営みには悲痛と苛立ちがあり、その心は夜も休まらない。これもまた空しい。

 人はなぜ願っても幸せになれないのでしょうか?その理由は私たちが知るべきなのに知らないものが三つあるからです。
 一、あなたをこの世に生まれさせた神様を知らない
 二、生きる目的を知らない
 三、本当の愛を知らない
 あなたを造られた創造者を知らないので、生きる目的が分かりません。そしてあなたを愛しておられる神様の愛に背を向けているので、あなたも人を真実に愛することが出来ないのです。だから人を愛し続けることが難しいのです。I love you!が次第にI LOVE ME!になってしまうのです。それで、あなたが幸せになるために神様が開催されるフリーマーケットで、無料で必要なものを買いなさいと聖書は勧めています。

2.耳を傾け、出て来い。聞け。
55:3 耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。わたしはあなたがたと永遠の契約を結ぶ。それは、ダビデへの確かで真実な約束である。
55:4 見よ。わたしは彼を諸国の民への証人とし、諸国の民の君主とし、司令官とした。
55:5 見よ。あなたが、あなたの知らない国民を呼び寄せると、あなたを知らない国民が、あなたのところに走って来る。これは、あなたの神、【主】、イスラエルの聖なる者のゆえである。主があなたを輝かせたからだ。」
 フリーマーケットの話の続きですが、そこへ出かけるにはどうしたらよいでしょうか?…日時と場所を確認して出かけていくはずです。日時、場所を間違ったら大変です。広場に着いても何もありません。ワクワクしていた気持ちが冷たい風で一気に吹き飛ばされ、呆然と立ちつくすのみの市です!だから事前によく調べておくことが大切です。神様のフリーマーケットも同様で、よく調べておくべきです。つまり、神様のご計画を理解するために、神様のことばに耳を傾けなければいけません。「耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。

 「無料のフリーマーケット? …そんなうまい話があるはずがない!」と多く方々は疑われるでしょう?しかし、神様の無限の恵みを無料でいただいていることは事実です。さらに神様は3節では「永遠の契約を結ぶ」ので、それを破棄することはないと胸を張って約束されているのです。その「永遠の契約」とは、ダビデと結ばれた約束だと説明されています。

 少し説明しますが、かつて(紀元前約1000年)神様は、信仰厚きイスラエルのダビデ王と契約を結び、次の二つのことをダビデに約束されました。(Uサムエル7:8-13)
@ダビデの名は高く上げられる
A永遠に支配する王がダビデの子孫から生まれる
 これは救い主がダビデの子孫から生まれるというメシア預言となりました。そして時至って救い主としてダビデの家系からイエス・キリストがお生まれになったのです。つまり、神様が計画されたことはこうです――イエス・キリストが来られるとき、神様のフリーマーケットが開催されるということです。そこで無料で与えられるのは、十字架による罪の赦しと永遠のいのち、神の子どもという特権と聖霊です。『
恵みとまことはイエス・キリストによって実現した』とヨハネによる福音書1章17節は宣言しています。

人が幸せになれないのは、知るべきなのに知らないものが三つあるからだと書きました。
 一、あなたをこの世に生まれさせた神様を知らない
 二、生きる目的を知らない
 三、本当の愛を知らない
救い主イエス・キリストによって私たちはその三つすべてを知ることになります。創造者である神様を知り、神様によって生かされていることを知り、本当の愛を知るのです。あなたが受けるべき罪の刑罰を身代わりとなって十字架に架かり死なれたイエス様の愛を知り、御子キリストを惜しまずに犠牲として与えられ、忍ばれた神様の深い愛に私たちは囲まれているのです。


3.主を求めよ
6−7節の神様の招きのことばを聞いてください。
55:6 【主】を求めよ、お会いできる間に。呼び求めよ、近くにおられるうちに。
55:7 悪しき者は自分の道を、不法者は自分のはかりごとを捨て去れ。【主】に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。
 神様の招きに応じてください。神様のもとに立ち返ってください。呼び求めることができる間に。それはまったく難しいことではありません。必要なことは、神様のことばである聖書を読み、それが真実なのかどうかを知ることです。聖書の預言や神様のご計画が本当かどうかを知ることです。あなたが知らなければならないことを知ることです。そして神様の前に自分が本当に罪人であることを知ったなら、その罪の赦しと救いを求めるのです。

 最後にイエス・キリストのことばを聞いてください。
ヨハネ4:13−14
「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」
 イエス・キリストはあなたに永遠の救いと恵みを与えようとしておられます。どうか知るべきことを知って、神様が与えられる恵みを受け取ってください。