本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


アブラハムの最大の試練 創世記22章1-14節

 今朝の聖書箇所はアブラハムが受けた試練についてです。神様はアブラハムを選び、彼を祝福すると約束されましたが、アブラハムの生涯には多くの試練がありました。創世記22章の出来事は、アブラハムが受けた最大の試練の場面です。

1.アブラハム最大の試練

22:1 これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ」と呼びかけられると、彼は、「はい。ここにおります」と答えた。
22:2 神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」
22:3 翌朝早く、アブラハムはろばに鞍をつけ、ふたりの若い者と息子イサクとをいっしょに連れて行った。彼は全焼のいけにえのためのたきぎを割った。こうして彼は、神がお告げになった場所へ出かけて行った。

 「神はアブラハムに試練を会わせられた」と記しています。それは信仰の試験でした。神様はアブラハムをテストされました。それも考えられないような方法によって試されました。その方法とは、「ひとり息子のイサクを全焼のいけにえとしてささげなさい」という命令でした。全く理解できない命令です。なぜならこの命令は神様の御心とかけ離れているからです。
 @人を殺すことは神様の御心ではない
 A神様はイサクを通して子孫を祝福されると約束された
 B死罪に当たる罪を何も犯していない愛するひとり息子を殺すことは犯罪である
 一晩中、アブラハムは悩み、祈り、苦しんだことでしょう。もし私なら「何かの間違い。神様の冗談だ。もしかすると悪魔の策略かも?」と理由を作って従わなかったでしょう。しかし、アブラハムの取った行動に驚かされます。翌朝早く、彼はイサクを連れてモリヤの山へ出かけます。何という判断力、何という行動力、何という従順さでしょう。その従順は彼の信仰のゆえでした。

 アブラハムがイサクをささげることを決心できた理由が、新約聖書に記されています。
ヘブル11:17 信仰によって、アブラハムは、試みられたときイサクをささげました。彼は約束を与えられていましたが、自分のただひとりの子をささげたのです。
11:18 神はアブラハムに対して、「イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる」と言われたのですが、
11:19 彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です。

 神様は必ずイサクをよみがえらせてくださるはずだ、と信じたからです。ここに彼の信仰があります。アブラハムは自分が信じてきたお方がどういう方であるか知っていました。あわれみと恵みに満ちておられる神だと知っていたので、神は必ずイサクをよみがえらせてくださると信じたのです。
 クリスチャンである私たちもアブラハムと同じように神様の祝福が約束されています。そしてアブラハムと同じように理由がわからない試練を受けるときがあります。その時には心を静めて神様の救いを持ち望みましょう。谷間にいるとき、目を天に向けましょう。四方八方ふさがりでも天から救いが来ます。神様は善いお方です。God is Good!と確信しましょう。

2.試練の目的

 神様はなぜこのような試練を与えられたのでしょう?――神様が与えられる試練には常に目的があります。アブラハムに語られたときに、「あなたの
愛しているひとり子イサクをささげなさい」と命じられました。アブラハムにとってイサクは大切な愛するひとり子だということを神様も知っておられました。彼が100歳になったときに生まれた子です。約束によって与えられた子です。何十年も待ちに待って生まれた子です。愛さずにいられない子です。神様の試練の目的は明らかです。「神とイサクと、どちらを最も愛するのか?」です。アブラハムにとってイサクは溺愛の息子になりかけていたと思われます。偶像同然になりかけていたでしょう。だから神様はアブラハムを試みられたのです。――私たちも気を付けなければなりません。与えられたものを神以上に愛しすぎてはいけません。人を愛することは大切なことですが、神以上に人を愛してはいけないのです。

 神様がモーセを召命された時のことを思い出してください。モーセに次のように言われました。「あなたの手にあるそれは何か?」モーセは「杖です」と答えました。杖は羊飼いをしていたモーセにとって必需品でした。彼自身と彼の家族の生活を支える大事なものでした。神様はモーセに命じられました。「それを地に投げよ」と。モーセは言われたとおり杖を地に投げました。すると杖は蛇に変わりました。これはモーセがイスラエルの指導者として任命されたことのしるしとして与えられたのですが、
霊的な意味もあります。神様は時に私たちが寄りかかり、支えられているものを捨てなさいと命じられるのです。そして私たちが神様の命令に従ってそれを捨てるときに、今まで大切だ、大事だと思っていたものをよく見ると、蛇――つまり呪われたものであったことを知るのです。神様は、私たちが与えられたものを愛しすぎてはいけないことを教えようとされているのです。与えられたものではなく、与えてくださる神様を愛し続けるのです。私たちの心が物に執着していないなら、たとえ災害によってすべてを失っても、神様の愛を失うことはありません。神様の試練によって振り出し(スタート地点)に戻されても、たとえマイナスからのスタートであっても、そこから再び歩みだすことが出来ます。神様は必ずあなたを谷底から引き上げてくださいます。
 アブラハムにとってイサクは自分のすべてになりかけていました。しかし、アブラハムはすべてを捨てる覚悟が出来ました。だから神様はアブラハムに大いなる祝福を約束されたのです。

3.キリストの雛型

22:9 ふたりは神がアブラハムに告げられた場所に着き、アブラハムはその所に祭壇を築いた。そうしてたきぎを並べ、自分の子イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。
22:10 アブラハムは手を伸ばし、刀を取って自分の子をほふろうとした。
22:11 そのとき、【主】の使いが天から彼を呼び、「アブラハム。アブラハム」と仰せられた。彼は答えた。「はい。ここにおります。」
22:12 御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」
22:13 アブラハムが目を上げて見ると、見よ、角をやぶにひっかけている一頭の雄羊がいた。アブラハムは行って、その雄羊を取り、それを自分の子の代わりに、全焼のいけにえとしてささげた。
22:14 そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「【主】の山の上には備えがある」と言い伝えられている。

 このアブラハムの試練が重要視されるのは、イサクをささげるという試練の中に、キリストの雛型を見ることが出来るからです。
@神様はアブラハムに「愛するひとり子イサクをささげなさい」と命じられました。同じことを神様ご自身がしてくだいました。神様はそのひとり子であるイエス・キリストを、私たちの罪の身代わりとしてささげられたのです。このアブラハムの試練はキリストの十字架の完全な雛型となっています。
Aイエス・キリストが十字架の死を遂げるために十字架の木を自ら背負ってカルバリの道を歩かれました。22章6節ではイサクも自分をいけにえとする焚き木を背負って歩きました。
Bアブラハムがイサク(イスラム教ではイシュマエル)をささげようとした場所は現在のエルサレムにあるイスラム教の岩のドームだと考えられていると以前にお話しましたが、はっきりとしているわけではありません。考古学的物証はありませんが、イエス・キリストが十字架に架かった場所(ゴルゴダ)と同じ場所であった可能性が非常に高いとも言われています。もしそうなら、このアブラハムの試練はイエス・キリストの十字架の驚くべきひな型となります。
C14節「主の山には備えがある」と書いてある通り、主イエスが十字架に架かられたゴルゴダ(カルバリ)山において父なる神は人々の救いを備えられました。
Dアブラハムは神様がイサクをよみがえらせると信じました。そう信じたことによって彼はイサクを取り戻しました。それは父なる神様がひとり子イエス・キリストをよみがえらせられることの雛型です。

 神様はアブラハムに「イサクをささげよ」と命じられることにより、後に御自身がしようとされていることを啓示されました。神様が御自身の愛を私たちに示すのに、他にどんな方法があるでしょうか?人間が欲するものを天の窓を開いて与えたら神様の愛が伝わるでしょうか?人間に最高の環境を与え、何一つ不自由のない社会を作ったら神様の愛が伝わるでしょうか?私たちの祈りをすべてかなえるなら神様の愛が伝えられるでしょうか?――もしそうならこの世界はとてもゆがんだ世界になってしまうでしょう。なぜなら人の願いや祈りの多くは身勝手なものだからです。私は御子イエス・キリストの十字架だけが神様の愛をはっきりと示す唯一の方法であったと信じます。神ご自身が最も愛するひとり子を、私たちの罪を贖うために犠牲にされたのです。
Tヨハネ4:9-10 「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」
 神は愛です。神は善いお方です。神様は救いを備えられ、祝福を約束されています。どうかこの全能の神様に信頼して歩んでください。