マタイによる福音書22章34-40節 「最も大切な戒め」 並行箇所;マルコ12:28-34、

 イエス・キリストは十字架を目指して、エルサレムに入城され、神殿で教えられました。そこへ宗教指導者たちがやってきて言葉の罠にかけようとします。最初に祭司長と長老たち、次にパリサイ人、サドカイ人、そして最後に律法学者です。彼は「律法の専門家」と書かれていますので、律法の学者としてパリサイ人の間で認められ尊敬されていた人だったのでしょう。彼らの最後の切り札として質問に立ったのです。

一、 最も大切な戒め

22:34 しかし、パリサイ人たちは、イエスがサドカイ人たちを黙らせたと聞いて、いっしょに集まった。
22:35 そして、彼らのうちのひとりの律法の専門家が、イエスをためそうとして、尋ねた。
22:36 「先生。律法の中で、たいせつな戒めはどれですか。」
 ユダヤ教のラビたちは、モーセの律法を分類して、「~しなければならない」と命じられている律法を248、「~してはならない」と禁止されている律法を365、合計613の戒めがあるとし、それぞれの戒めに細かい規定を加えていきました。そして、613ある戒めの中で一番大切な戒めとされていたのは「シェマ・イスラエル」と呼ばれる申命記6:4-9の戒めでした。
申命記6:4 聞きなさい。イスラエル。【主】は私たちの神。【主】はただひとりである。
6:5 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、【主】を愛しなさい。
6:6 私がきょう、あなたに命じるこれらのことばを、あなたの心に刻みなさい。
6:7 これをあなたの子どもたちによく教え込みなさい。あなたが家にすわっているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、これを唱えなさい。
6:8 これをしるしとしてあなたの手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。
6:9 これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。

 この聖句は「聞きなさい;ヘブル語でシェマ」で始まっているので、この戒めを「シェマ」または「シェマ・イスラエル」と呼び、厳格なユダヤ教徒は今日でも命じられたとおり、この告白を書いた羊皮紙を革の小箱(テフィリン) に収め、一つは左上腕に、もう一つは額に巻きつけて朝夕の祈りをします。(丸い帽子はキッパ、ふさが四隅についた長四角い上着はタリートと呼ばれます)
シェマの告白は三つの部分から構成されています。(一部 : 申命記 6:4~9、二部 : 申命記 11:13~21、三部 : 民数記 15:37~41)
 また、メズーザー(門柱の意)と呼ばれるものを家の門柱、シナゴグ(礼拝堂)の入り口に斜めに取り付け、部屋に入るたびに手を当てて祈ります。メズーザーにもテフィリンと同様、「シェマ」を記した羊皮紙が入れてあります。
ケース上部にはシャッダイ שַׁדַּי, אֵל שַׁדַּי(全能者、創世記17:1)の頭文字であるシーン shin (ש) の文字が書いてあります。
 律法の専門家が「律法の中でもっとも大切な戒めはどれですか?」と質問した目的は、もしイエスが「シェマ」ではなく、違う答えをしたなら、「あなたは律法を学んでいない!」と非難することが目的だったと思われます。

    

二、主イエスの解答

 しかしイエス・キリストの答えは、律法学者の思惑から外れました。
22:37 そこで、イエスは彼に言われた。「『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』 22:38 これがたいせつな第一の戒めです。
 イエス様もシェマ・イスラエルの戒めが最も大切な戒めだと認められました。ただし、イエス様の答えはそれで終わりではありませんでした。
22:39 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という第二の戒めも、それと同じようにたいせつです。
22:40 律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。」

 レビ記19章の戒めです。「律法全体と預言者」つまり聖書の教えはこの二つの戒めにかかっている、と答えられました。
参考;『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という戒めはレビ記に二か所あります。
レビ 19:18 復讐してはならない。あなたの国の人々を恨んではならない。あなたの隣人をあなた自身のように愛しなさい。わたしは【主】である。
レビ19:34 あなたがたといっしょの在留異国人は、あなたがたにとって、あなたがたの国で生まれたひとりのようにしなければならない。あなたは彼をあなた自身のように愛しなさい。あなたがたもかつてエジプトの地では在留異国人だったからである。わたしはあなたがたの神、【主】である。
18節では同国人を、34節では在留異邦人を愛しなさいと命じられています。しかし、イスラエル人は異邦人をさげすみました。ここにも主イエスの厳しい叱責があると思います。

 この話には続きがあり、イエス様の明確な答えに律法の専門家は驚いて賞賛しています。
マルコ 12:32 そこで、この律法学者は、イエスに言った。「先生。そのとおりです。『主は唯一であって、そのほかに、主はない』と言われたのは、まさにそのとおりです。
12:33 また『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして主を愛し、また隣人をあなた自身のように愛する』ことは、どんな全焼のいけにえや供え物よりも、ずっとすぐれています。」
12:34 イエスは、彼が賢い返事をしたのを見て、言われた。「あなたは神の国から遠くない。」それから後は、だれもイエスにあえて尋ねる者がなかった。

 律法学者からすると、「敵ながらあっぱれ」という気持ちだったのでしょう。真理を探究する人は常にこうあるべきだと思います。自分と違う主義、違う立場の人であっても、真理の言葉に耳を傾ける態度は大切なことです。

三、主イエスが示された真理

 主イエスが示された真理は、「シェマの戒めを守り、神を愛するというなら、その人は隣人をも愛すべきです!」という事です。この二つの戒めがそろってこそ神の律法であり、両方を守り行なってこそ、神の律法を守ったことになる。確かにモーセの十戒は第一戒から第四戒までは神に対する戒めであり、第五戒から第十戒までは隣人に対しての戒めです。十戒もイエス様も同じことを戒めていることになります。パリサイ人たちはシェマの戒めを大切にし、神を礼拝することを重要視しました。613ある戒めを厳格に守ろうとしました。その熱心から、戒めを破った人や戒めを守らない人々を裁き、見下しました。サマリヤ人や取税人、遊女たちを罪人と定め、聖書知識のない人たちを神に呪われているとまで言いました。(ヨハネ 7:49 「だが、律法を知らないこの群衆は、のろわれている。」)彼らは神を愛すると言いながら、隣人を常にさばいてきたのです。・・・これこそ信仰者が陥りやすい罪です。
 主イエスが二つ目の戒めを「同じように大切だ」と語られた目的は、信仰者が陥ってしまう高慢な思いと、憐れみの無い心を戒めるためです。歴史は人間のその罪を証明してきたのではないでしょうか。神を愛するという人たちが、人々を迫害し、戦争を起こし、人々を殺害してきた歴史があります。また、私たちの毎日の生活でも同じことが言えるでしょう。神様を愛すると言いながら、隣人を愛することが出来ない。兄弟姉妹を愛することが出来ないどころか、憎しみさえ持ってしまう、ということが多いのではないでしょうか。だから『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という戒めが大切なのです。
(ユダヤ人は、「親に差し上げる物はコルバンになりました」という事によって親を尊ばないための規定さえ作っていました。マタイ15:3~)

四、教会に対する戒め

 教会時代において、クリスチャンに律法の戒めは命じられていません。ですから、クリスチャンはテフィリンの箱をつけて祈る必要はありません。家の門柱にメズーザーを取り付ける必要はありません。しかし、語られている神の御心は同じです。神の御心は、私たちが心を尽くして神を愛すること、そして隣人を愛することです。先週は十分の一献金についても同じことを言いました。十分の一献金はクリスチャンに対して命令されていませんが、神様の御心です。神様を愛し、隣人を愛することは神様の御心であり、毎日の課題でもあります。どちらか一つだけでは意味がありません。神を愛するだけなら、パリサイ人たちと同じと言えるでしょう。人を愛するだけなら、その愛は偽善の愛となってしまいます。
Ⅰヨハネ4:20-21 神を愛すると言いながら兄弟を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える兄弟を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。神を愛する者は、兄弟をも愛すべきです。私たちはこの命令をキリストから受けています。

 
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』と言われた神様の御心に従いたいと思う時、誰もが問題にぶち当たります。「自分には愛が足りない」と感じます。その時にどうすればよいでしょうか?・・・その答えは難しいのですが、イエス様の次の言葉にヒントがあると思います。
ヨハネ 13:34 あなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。
 レビ記19章の戒めとどこが違うのでしょう?何をもって新しい戒めと言われたのでしょう?・・・それは、
「わたしがあなたがたを愛したように」、その模範に従って愛するということが新しい戒めと言われている理由です。なぜなら、律法には模範がありませんでした。律法はただ「愛しなさい」と命じました。しかし、愛せと命じられても、心に愛がなければ愛することが出来ません。心が優しくないのに、優しい人になりなさいと言われても無理です。愛されなければ愛することが出来ません。赦されなければ人は赦すことが出来ません。だから、主イエスは私たちに愛の模範を示してくださいました。
 イエス様がこの「新しい戒め」を語られたのは最後の晩餐の席だったことを考えると、よく理解できるでしょう。イスカリオテ・ユダは主イエスを裏切るために外へ出て行った後でした。イエス様はユダが裏切ることを知っていながら、彼の汚れた足を、たらいに入れた水で洗い、手拭いで拭かれました。ペテロがイエス様を三度否むことを知っていながらペテロの足を洗われました。イエス様は彼らの裏切りを知っていながら、彼らを愛されたのです。
 主イエスが愛されたのはユダとペテロだけではありません。主はあなたにも同じように愛を示してくださったのです。イエス・キリストは私たちが「神などいらない、神など信じない」と背を向け、罪人であった時に私達のために十字架に架かり、死んでくださいました。主イエスは次のようにも教えられました。
ヨハネ 15:13 人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。
 その言葉の通り、主イエスはあなたを愛してるがゆえに、あなたの身代わりとなって罪の刑罰を受けるために十字架に付き、いのちを捨ててくださいました。この主イエスの愛を知るところからクリスチャン生活が始まるのです。キリストによって示された愛によって変えられていくことにより、私たちも神と人を愛することが出来るのです。キリストの十字架の愛によって造り変えていただきましょう。