マタイによる福音書27章1-10節 「自死を選ぶということ」  並行箇所なし

 今朝の説教題は「自死を選ぶということ」です。一般的には「自殺」という言葉を用いるのですが、以前、自殺されて亡くなられた方のご遺族の方と話した時に、「私達は自殺という言葉を用いずに自死という言葉を用いています」と教えていただきました。考えてみると、自殺という言葉はその漢字が示すように犯罪者のようなイメージを含みます。ですから、今朝の説教では自死という言葉を用いたいと思います。

1.十字架の朝

@裁判判決
27:1 さて、夜が明けると、祭司長、民の長老たち全員は、イエスを死刑にするために協議した。
27:2 それから、イエスを縛って連れ出し、総督ピラトに引き渡した。

 過越の食事に始まり、ゲッセマネの祈り、イエス様の逮捕、そして大祭司カヤパ官邸における裁判という長い長い夜が明け、27章はイエス・キリストが十字架にかけられる一日の出来事を記しています。祭司長、民の長老たちは二回目の裁判を早々に開き、死刑判決を言い渡しました。
 これには三つの目的があったと思われます。1.夜中の裁判は無効であったため、夜明けと同時に形だけの裁判を開いた。2.死刑判決の言い渡しには最低でも二回裁判が開かれなければならなかった。3.イスラエルはローマ帝国の支配下にあり、ローマから遣わされた総督ピラトはユダヤ人に死刑実行を許可していなかった。(ヨハネ18:31参照)そのため、総督ピラトにイエスを訴える罪状を協議した。
 大祭司カヤパの法廷では、「神を冒涜した」という罪で死刑判決を下したのですが、そのような宗教的事由でローマ総督に訴えても死刑判決を得ることが出来ないため、祭司長たちは別の罪状を考えて提出しなければなりませんでした。結局、彼らが訴えた罪状は、次の通りでした。
ルカ23:2 そしてイエスについて訴え始めた。彼らは言った。「この人はわが国民を惑わし、カイザルに税金を納めることを禁じ、自分は王キリストだと言っていることがわかりました。」つまり、イスラエルの王だと自称し、イスラエル国民を扇動してローマ帝国に反逆を企てている、という内容です。

Aユダの自死
27:3 そのとき、イエスを売ったユダは、イエスが罪に定められたのを知って後悔し、銀貨三十枚を、祭司長、長老たちに返して、
27:4 「私は罪を犯した。罪のない人の血を売ったりして」と言った。しかし、彼らは、「私たちの知ったことか。自分で始末することだ」と言った。
27:5 それで、彼は銀貨を神殿に投げ込んで立ち去った。そして、外に出て行って、首をつった。

 イスカリオテのユダは、イエス様をゲツセマネの園で口づけで裏切った後、どこにいたのかはっきり記されていません。イエス様を捕らえた役人たちと一緒に大祭司カヤパの官邸へついて行ったのかもしれません。そしてそこで行われた不正な裁判と、イエス・キリストに対する暴行を見ていたのかもしれません。おそらく、死刑判決は彼の予想外だったのでしょう。いずれにせよ、ユダは自分が犯した裏切りという罪を深く後悔しました。祭司長の所へ行ってまずお金を返そうとし、「私は罪を犯した。罪のない人の血を売ったりして」と言います。何とかしてイエス様を助けたい、判決を取り下げてほしい、という思いでした。しかし、祭司長たちは「私たちの知ったことか。自分で始末することだ」と取り合いません。ユダは結局、自分にできる始末の付け方を選びました。イエス様を売った報酬、銀貨30枚を神殿に投げ込み、そして首を吊って死んだのです。自分が犯した罪の始末を、自死という形でつけたのです。自死を選ぶほど後悔するのなら、なぜイエス様を裏切ったのかと思うのですが、それが人の弱さです。ユダの弱さはお金にありました。イエス様と共に伝道旅行しているときも、預かった財布からお金を盗んだりしていました。お金に対する弱さが彼の命取りとなりました。

B私たちの問題
 自死ということを考えると、それは他人ごとではありません。おそらく皆さんのなかにも親族や親しい友人を自死でなくされた方がおられると思います。2013年の自死者の統計が報告されています。27195人です。15年間3万人以上が続いていたのですが、2012年、2013年と2年連続で3万人を下回ったことになります。その要因として挙げられるのは、2011年3月11日に起こった東日本大震災だと考えられます。震災の後、家族も持ち物も失った人たちが、その失意、落胆の中でも懸命に生きようとする姿が報道されました。またその人たちを支援し、励ます人たちの犠牲的な奉仕に感動しました。命の尊さを教えられ、生きているだけで幸せだということを多くの人が学んだからだと言えます。しかし、依然として多くの方々が自ら命を絶っているという現状は変わりません。
 自死の原因、動機として七割を占めるのが@健康問題であり、うつ病がその半数を占めています。A経済的な生活苦B家庭問題C勤務問題D男女関係のもつれ・・・と続きます。※自死者の約七割が男性であり、近年の傾向として若年層が増加しています。
 聖書の預言によると、世の終わりが近づくにつれ、ますます社会は混乱し、人の愛が冷たくなるので、いつ自分が自死を考える状況に追いつめられるか分かりません。「私は大丈夫だ」と言える人は一人もいないでしょう。

2.陶器師の畑

27:6 祭司長たちは銀貨を取って、「これを神殿の金庫に入れるのはよくない。血の代価だから」と言った。
27:7 彼らは相談して、その金で陶器師の畑を買い、旅人たちの墓地にした。
27:8 それで、その畑は、今でも血の畑と呼ばれている。
27:9 そのとき、預言者エレミヤを通して言われた事が成就した。「彼らは銀貨三十枚を取った。イスラエルの人々に値積もりされた人の値段である。
27:10 彼らは、主が私にお命じになったように、その金を払って、陶器師の畑を買った。」

 ユダが神殿に投げ入れた銀貨30枚は旧約聖書の預言通りに、陶器師の畑の購入に充てられた事が記されています。
※直接的な預言はエレミヤの預言ではなくゼカリヤの預言である。ゼカリヤ11:13【主】は私に仰せられた。「彼らによってわたしが値積もりされた尊い価を、陶器師に投げ与えよ。」そこで、私は銀三十を取り、それを【主】の宮の陶器師に投げ与えた。エレミヤの預言はエレミヤ書18章に陶器師について、また32章にアナトテの畑についての言及がある。マタイが預言者エレミヤの名前だけを挙げているのは腑に落ちないが、当時の人々には預言者エレミヤの方がよく知られていたからであると思われる。
 祭司長たちは、ユダに対して支払った銀貨30枚は神殿の金庫から支払った銀貨なのに、それを『神殿の金庫に戻すのはよくない』・・その理由は『血の代価だから』、とおかしなことを言います。何を言っているのかというと、イエスを裏切らせ死刑にするために支払ったお金だから、神殿の金庫に戻すのはよくないと言うのです。彼らはそう言うことによって自分たちが支払ったお金が汚いお金だと認めているのです。
 銀貨30枚というのは奴隷一人の贖い金と同じ金額であり、イエスという人物に対するそしりの意味が込められていました。その銀貨30枚の使い道は陶器師の畑購入でした。陶器師の畑というのは、うまく焼きあがらなかった陶器を割って捨てるため、他に使い道がなくなった価値がない土地です。その土地を購入し、ユダヤ人が見下す異邦人旅行者用の無縁墓地としたのです。さらにそこを「血の畑」と呼び、呪われた場所であるかのように用いたのです。つまり、イエスに関わったすべてが彼らにとっては無価値な、呪われたものだと言いたいのです。彼らはそこまでイエス・キリストをさげすんだ事を表しています。
 著者マタイはこのことを預言通りだと見逃しませんでした。祭司長たちは自分たちの思い通りに事は進んだと思っていたのですが、神様のご計画の通りであり、彼らの悪事は神様に知られているのです。
※もし、霊的解釈が許されるなら、次の事が言えるでしょう。陶器師とは聖書の中で創造主を表しているので、陶器師の畑とは、創造主が作られたこの世(世界)を意味します。それを買うためにイエス・キリストの「血の代価・銀貨30枚」が支払われたことになります。つまり、世の人々を買い戻すため、イエス様の血が流された事が示されています。また、血の代価によって購入されたイスラエルの畑に異邦人が眠るようになったことは、主イエスの血によって異邦人が受け入れられ、神様の祝福が異邦人にも及ぶことを示しているとも言えるでしょう。

3.ペテロとの比較

 マタイはイスカリオテ・ユダの記事を、ペテロが三度イエスなど知らないと裏切った記事の後に記しています。それは私達にこの二人の裏切りとその後を比べて学びなさいと教えているのでしょう。どちらの罪が大きいかという比較ではありません。それは誰が悪い人か、誰が偉い人かという議論と同じです。神の御前にはすべての人が罪びとです。問題は、二人が主イエスを裏切った後、どのように後悔し、どのように行動したかということです。
ペテロは鶏が鳴いたとき、自分の裏切りの罪を後悔しました。その後はどうしたかというと、出て行って激しく泣きました。ただそれだけでした。
イスカリオテ・ユダは自分の犯した罪を後悔し、お金をすべて戻し、自らの命を絶って責任を取ろうとしました。
 一般的にどちらが評価されるかというと、おそらくユダの方だと言えるでしょう。立派な責任の取り方だと。特に日本人の意識の中では、犯した罪のけじめとして自害するということ、つまり切腹が尊ばれてきた歴史があります。自らのいのちをもって責任を取ったユダの死は尊ばれます。かたや、ペテロはみじめにも泣くだけで何のけじめも取ろうとしていません。しかし、聖書の二人に対する評価は反対です。神様はペテロを用いられ、ユダに対する主イエスの言葉は「生まれてこないほうがよかった」と、厳しく取り扱われています。その違いはなんでしょうか?・・・ユダが選んだ自死は彼が犯した罪の責任を取ることが出来ないからです。ユダがしたことは、犯した罪を悲しんだ末、自暴自棄となって、神様から与えられている命を自分で投げ捨ててしまったのです。ペテロはどういう悔い改めをしたのでしょうか?彼はイエス様の言葉を思い出して後悔し、悲しみました。それは御言葉による御心に添った悔い改めです。
Uコリント 7:10 神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。
 ユダの死は潔い死ですが、何の解決にもならず、何もよいものを残しませんでした。(彼の後悔は信仰による悔い改めではなく、人間的な罪悪感からの後悔でした。)ペテロは生き続け、生き恥をさらしましたが、彼はその失敗、負い目を自分の信仰の原点とし、主イエスの福音のために働き、多くの人々を救いに導きました。
 自死を選んだ人のことを悪く言うつもりはありませんし、悪く言うことは決してあってはならないことです。しかし、犯した罪のために自死を選ぶことは神様の御心ではないことを知っておいてほしいのです。

4.自死について

 今回、説教を準備するに当たり、自死についていろいろと考えさせられました。
◎いじめを苦にした自死や、家族が犯罪を犯したために受ける中傷誹謗から逃れたい一心での自死など、悪いことをしていない人が犠牲となることがあります。
◎高齢化社会になり、尊厳死を求める人が増えている時代です。その背景には、哀れな自分の姿を見せたくないという理由以上に、家族に介護や経済的負担をかけたくないという思いやりがあります。
◎自死とは関係ないと思うかもしれませんが、職業的に死を常に覚悟していなければならない人もいます。警察官、刑事、救急救命士や自衛隊員、戦場カメラマンなど、危険な場所に自ら飛び込んでいかなければなりません。自ら死を覚悟して危険な場所へ行くのですから自死者とその意味において変わらないと言えます。私達はその様な尊い仕事に就いておられる方々に敬意を表さなければなりません。
 自死を選ぶという事は、単純に悪い事と判断できることではありません。そのうえ、人の心の問題はその人自身さえコントロールできない時があるのです。その善悪を正しく判断できるのは、天の神様ただお一人だけです。

5.身代わりの死

 さらに身代わりの死と言うものがあります。記憶に新しいのは、昨年10月1日、横浜市緑区のJR横浜線の踏切内で倒れていた74歳のおじいさんを助けようとした村田奈津恵さんが電車にはねられ死亡、という痛ましい事故がありました。村田さんは車に一緒に乗っていた父親の「やめろ」という制止の声を振り切って線路内に入ったそうです。おじいさんは助かりましたが彼女は帰らぬ人となりました。尊い身代わりの死でした。
 マタイは私達にペテロとユダに目を向けさせたのですが、もう一人の死について教えます。それは私達の身代わりとなるために十字架で死なれるイエス・キリストの姿です。不正な裁判に文句ひとつ言わず、死刑判決を甘んじて受けられました。もし裁判判決をくつがえそうと思うなら、いつでもくつがえすことが出来たでしょう。奇跡を起こし、つながれた鎖を断ち切って堂々と帰ることもできたでしょう。しかし、イエス・キリストは父なる神の御心に従って、十字架の死を受けることを選ばれました。自ら死ぬことを選ばれたのです。それは私たちの罪が赦されるためです。尊い身代わりの死です。ここに神様の福音があります。キリストが私たちの罪の身代わりに死んでくださったので、私たちは犯した罪のために死ぬ必要がないと教えています。どんな罪も赦されるからです。パウロはこの真理を次の箇所で霊的に著わしています。
ガラテヤ 2:20 私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。
ローマ 6:8 もし私たちがキリストとともに死んだのであれば、キリストとともに生きることにもなる、と信じます。キリストと共に死んだのであれば、私達はもう二度と自分の罪のために死ぬ必要がないのです。


 瞬きの詩人と呼ばれる水野源三さんの生涯を考えると、いつも生きる勇気を与えられます。源三さんは9歳の時に脳性麻痺により、体の自由が奪われ、食事をするにも、服を着替えるにも、布団に寝るにも起きるにも、恥ずかしい下の世話もすべて家族に頼らなければなりませんでした。彼はいつも「死にたい。死にたい。自分なんか、生きていても何もいいことがない。早く死にたい。」と思っていたそうです。しかし、身体が動かないため自分では死ぬこともできない。けれども12歳になった時、訪問に来た牧師からもらった聖書を読み、キリストの救いを知って彼は生まれ変わりました。彼に残された目という機能を使って、素晴らしい詩を作り始めました。介護してくれる母親や家族に感謝し、神様に感謝する人生に変わりました。確かに彼が生きている限り、周りの人に迷惑をかけなければなりません。でも、その迷惑を引き受けてくれる人がいました。彼が生きていてくれることを喜んでくれる人がいました。それだけで生きる価値があります。たとえ、彼を愛してくれる人が一人もいなかったとしても、天の神様は彼を愛し、いのちを支えてくださるのです。
 もしあなたが、自分はみじめだ、自分なんていないほうがいい、生き恥をさらすような生き方はしたくない・・・そう思う時には、どうか今日の聖書の言葉を思い出してください。あなたの身代わりにみじめな姿で死んでくださったイエス・キリストがおられることを覚えてください。神様はイエス・キリストによってあなたのすべての罪を赦して下さいます。あなたの恥に変えて恵みを、痛みに変えて平安を与えようとしておられることを忘れないでください。