本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


ミラクル・奇蹟

「神なんかいるもんか。神がいたら俺の前に現れて奇蹟を起こしてくれ。そうしたら信じるから」――これが私の以前の考えでした。
 しかし今、私はクリスチャンとして信仰を持って歩んでいます。ですから、聖書の話をする時に、多くのかたが以前の私と同じように言われるのを聞いて、よく分かる気がします。あるのか無いのか分からないようなものを頭ごなしに信じろ、と言われても無理な事です。もしも教会へ初めて行って「あなたの考え方は間違っています」などと言われたら、私はいっぺんでキリスト教嫌いになった事でしょう。ですから、あなたが納得できるようにイエス・キリストの事をお伝えしたいのです。

 イエス・キリストは歴史に実在した人でした。彼の教えや行なわれたことは図書館にある本に見つける事ができます。彼の生涯の中で欠かす事が出来ないのは、多くの奇蹟でした。生れつき目の見えない人の目を見えるようにされたり、足なえの足を完全に癒やされたりしました。イエス・キリストの所へ連れてこられる病人はすべて完全にその病気が癒やされました。嵐を静める奇蹟、パンを増やす奇蹟もありました。またたく間にイエス・キリストの名声は広まり、彼の周りには常に何千人もの群衆が集まるようになり、彼の教えに耳を傾けました。もし、現代にイエス・キリストが生まれたとしたら、さぞかしマスコミが取り囲んだ事でしょう。

超能力?
 あなたはキリストが行なわれた奇蹟についてどう思われるでしょうか?彼は手品師だったのでしょうか?それともペテン師だったのでしょうか?イエス・キリストは超能力者、又は異星人(エイリアン)だった、と考える人もいるようです。
 しかし、イエス・キリストは決してそのようなお方ではありません。私がクリスチャンになった理由の一つは彼の偉大さでした。イエス・キリストは単に奇蹟を行ない、それを人々に見せびらかせ、人気者になろうとされたのではありません。彼の一つ一つのことばには、人を罪深い生活から正しい歩みに変える力がありました。そして奇蹟は、彼が正真正銘の救い主だと証明するために用いられた方法でした。

 一人の欲深い取税人ザアカイはキリストと出会い、語り合ううちに、心から自分のしてきた悪事を悔い改め、だまし取った物を四倍にして返し、人々に多くを施す決心をしました。キリストと出合った人々は、常に神の愛を感じ、自分の罪を悔い改め、正しい歩みへの決心をしていったのです。

 このキリストは私達を罪のさばきから救うために天から遣わされた救い主だと聖書は教えています。キリストが語られたことばは、当時の人たちだけでなく、現代の私たちにも与えられている神様からのメッセージなのです。私もイエス・キリストによって救われ、変えられた一人です。そして世界中の多くのクリスチャンが同じ経験をしているのです。

 イエス・キリストは本当に不思議なお方です。そのことばによって私達の人生を喜びに満ちたものに変えられるのです。これもキリストの奇蹟なのです。

「この方(キリスト)以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」使徒 4:12