本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


祝福される家庭

1.家庭における問題は重大で深刻です

 家庭が崩壊しつつある時代です。離婚話がもつれたあげく、ご主人が生後3カ月の赤ん坊を四階の窓から投げ捨てて殺してしまったという記事が、先日新聞に載っていました。何とも痛ましい事件です。また、統計を調べてみると、変わらぬ愛を誓って結婚した夫婦が四組に一組は離婚しているそうです。子供の非行は増加の一方です。子供が部屋に閉じこもりっぱなしで、兄弟がいても一言も喋らず、食事でさえ自分一人でとっているという家庭もあります。あなたの家庭は大丈夫でしょうか?

2.家庭が祝福される秘訣

 いつもあたたかく、居心地の良い家庭を誰もが望んでいるはずです。しかし、現実と理想は違うとあきらめている人も多いのではないでしょうか。では、家庭が祝福される秘訣は何でしょうか?どうすればあたたかい家庭を築いていくことが出来るでしょうか?

家庭が祝福される秘訣--その@
 家庭は神様が祝福される場所であることを知ることです。家庭は社会の最小単位です。家庭が祝されていてこそ、社会で精力的に活動できるのです。家庭をよくしようするためには、家族全員の努力が必要です。一人だけが頑張っても家庭はうまくいきません。外づきあいが良くても、家に帰ると「疲れた〜」と言って仏頂面していてはいけません。家庭こそ大切にしなければならない場所だからです。積極的に共有の時間を持ち、話し合う事が必要です

家庭が祝福される秘訣--そのA
 聖書の次のことばを読んでください。
子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。
「あなたの父と母を敬え。」これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。
すなわち、「そうしたら、あなたはしあわせになり、地上で長生きする。」という約束です。
父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。
エペソ人への手紙6章1−4節
 家庭が祝福される為の秘訣は、子どもたちが両親を敬い、両親に従う事です。特に父親の権威が損なわれてはいけません。そのためには子どもだけでなく母親も父親を敬い、その意見を尊重すべきです。なぜなら、母親が父親を尊敬しないなら、子供たちも両親を尊敬しなくなるからです。最近は父親の威厳が失われた家庭もありますが、それは家庭崩壊の第一歩だと思ってください。さらに信仰者の家庭なら、その父親の権威の上に神様の権威があることを教えることが重要です。どんな父親にも誤りがありますが、神様は決して誤りのない御方です。この神様の権威に父親が従うことにより、子どもは両親の権威に従うことが出来るのです。

家庭が祝福される秘訣--そのB
 夫婦関係がなによりも大切です。聖書は夫と妻に対して次のように教えています。
あなたがたも、おのおの自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。エペソ5:33
 カウンセリングに携わっている先生の言葉ですが、「子供は夫婦の愛情のおこぼれで育つ」のだそうです。夫婦がいがみ合っていたら、子供はどうやって家庭を愛することが出来るでしょう。夫婦が仲むつまじく、尊敬し合い、愛し合っているなら、子供たちは自然とそのような家庭を愛することを覚えます。たとえ、一時的に非行に走ったとしても、両親の熱意で立ち直ることが可能です。また、子供に「勉強しなさい」と言うだけが教育ではありません。本当の教育は創造者を教え、善と悪を判断できる正しい心を持たせることです。心が正しかったら、社会に出ても大丈夫です。

 子どもが成長するにつれ、人格が形成されていき、親の意見ではなく自分の意志で行動するようになります。当然そのようになっていくべきです。親がいつまでも子どもを支配していてはいけません。しかしその時になって、どうやって親は子どもとつき合っていけるでしょうか?そのためには同じ方向を向いて歩んでいることが大切です。またそれは夫婦間でも同じでしょう。
 創造者である神を共に信じ、家庭の大切さを学んでいくなら、家庭崩壊の危機から救われます。