本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


疲れること

いそがしい時代です。
 時間に追われ、人にせかされ、責任を背負わされ、休む暇もない時代です。
電車は一分も待ってはくれません。乗り遅れたら最後、遅刻のため、憂うつな一日が待っています。ふと思うことは、自分が休むことなく回り続ける時計の歯車のようだということ。回り続け、回り続け、回り疲れて動かなくなった後は、ただのゴミのように捨てられるだけなのです。疲れた疲れたと言いながら、それでも人は働かなければなりません。それが私達の生涯なのでしょうか?

休み場
イエス・キリストは私達にこう語られました。
「すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。私があなたがたを休ませてあげます」  マタイによる福音書11章28節
多くの教会の看板に書かれている言葉です。

「疲れ」には二つの種類があります。肉体的な疲れと精神的な疲れです。肉体的な疲れは休養を取ることや睡眠を十分に取ることによって回復することが出来ます。しかし精神的な疲れは簡単ではありません。人間関係の問題、家庭の問題、そして自分自身の問題等、その疲れは複雑で取り除くことが困難です。
 精神的な疲れが積み重なると、精神障害を起こしたり、不眠症になったり、自己卑下の毎日になったりします。気晴らしで、カラオケで歌ったり、レジャーを楽しんだり、酒に酔ったりして解消することは出来ても、それは一時的で、すぐに苦しみが再び襲ってくるのです。

 多くの場合、その原因は、「人を愛する事ができない、憎しみを捨てる事ができない、ゆるす事が出来ない、犯した罪の罪悪感――」と言ったものです。しかし、聖書を読んで分かることは、そのような罪深い自分に気づいている人は幸いであるという事です。悪い事をしていながら何とも思わない人こそ本当にみじめな人です。あなたが自分の弱さ、醜さ、汚さに気づくときに、救いがあなたに必要である事が分かるのです。

聖書のことば
 次の聖書のことばは真実です。
「主は〈キリスト〉、御自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助ける事がおできになるのです。」  ヘブル2章18節
 イエス・キリストは、私たちを試練から助けてくださるお方だと聖書は約束しています。イエス・キリストの生涯は試練の連続でした。反対者からの非難と迫害がありました。愛する弟子たちにも裏切られました。最後は十字架に架けられて呪われた者として苦しみを受けて死なれました。しかし神はこのキリストを墓の中からよみがえらせてくださいました。それは救い主としての証明のためです。
 キリストはご自身が苦しまれたので、私達の苦しみを理解し、助けて休みを与えることが出来る救い主です。キリストを信じる人には罪の赦しが与えられるからです。

 あなたの重荷をイエス・キリストに預けてはいかがでしょう。