本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


マタイによる福音書2章1-12節「キリストの誕生を喜び祝う」


2:1 イエスがヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東の方から博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
2:2 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。」
2:3 これを聞いてヘロデ王は動揺した。エルサレム中の人々も王と同じであった。
2:4 王は民の祭司長たち、律法学者たちをみな集め、キリストはどこで生まれるのかと問いただした。
2:5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれています。
2:6 『ユダの地、ベツレヘムよ、あなたはユダを治める者たちの中で決して一番小さくはない。あなたから治める者が出て、わたしの民イスラエルを牧するからである。』」
2:7 そこでヘロデは博士たちをひそかに呼んで、彼らから、星が現れた時期について詳しく聞いた。
2:8 そして、「行って幼子について詳しく調べ、見つけたら知らせてもらいたい。私も行って拝むから」と言って、彼らをベツレヘムに送り出した。
2:9 博士たちは、王の言ったことを聞いて出て行った。すると見よ。かつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来て、その上にとどまった。
2:10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
2:11 それから家に入り、母マリアとともにいる幼子を見、ひれ伏して礼拝した。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
2:12 彼らは夢で、ヘロデのところへ戻らないようにと警告されたので、別の道から自分の国に帰って行った。


 この聖書箇所はクリスマスによく説教されます。イエス・キリストの誕生をお祝いするため東方の博士たちがやってくるシーンです。クリスチャンならワクワクするような場面です。しかし注意深く読むなら、この聖書箇所には救い主誕生の喜びとは対称的に、人間社会のドロドロした汚さ、けがれが浮き彫りにされています。キリストの誕生を心から祝おうとする人たちがいる一方、キリストの誕生を喜ばず、恐れ、戸惑い、葬り去ろうとする人たちがいるのです。その両方の人たちに焦点を当てて学びたいと思います。

1.キリストの誕生を祝う人たち

 「東方の博士たち」がエルサレムにやってきました。降誕劇には欠かせない登場人物です。馬小屋にお生まれになり、飼い葉桶に寝ている赤ちゃんイエス様を囲んで、ヨセフとマリヤ、その周りには羊飼いの少年たち、馬や羊もいて、最後に東方の博士たち三人が贈り物(黄金、乳香、没薬)を携えて集まってくる姿を思い浮かべます。しかし、そのイメージには間違っている部分があります。博士たちが駆けつけたのは、実際はイエス様が誕生された後、しばらく経ってからでした。おそらく1年近くは経過していたでしょう。(次の出来事からそのことが分かります。)
2:16 ヘロデは、博士たちに欺かれたことが分かると激しく怒った。そして人を遣わし、博士たちから詳しく聞いていた時期に基づいて、ベツレヘムとその周辺一帯の二歳以下の男の子をみな殺させた。
 博士たちが幼子イエスをお祝いした場所はすでに家畜小屋ではありませんでした。マリヤが出産した後、ヨセフとマリヤはしばらくの間、ベツレヘムの町に家を借りて滞在したと思われます。(ナザレに戻ったと考えることもできますが、ベツレヘムのほうが可能性が高い)11節では「それから家に入り――」博士たちは幼子を礼拝したと記されています。

 ここで、博士たちが「ただ者」ではないことが分かります。「礼拝した」――つまり、幼子に神性を認めているのです。一国の王子の誕生なら、祝いの言葉を述べ、贈り物をするでしょうが、礼拝は決してしません。しかし、彼らはこの幼子イエスこそ「ユダヤ人の王」であり、同時に神性を持っておられると信じたので、はるばる遠征し、ひれ伏して礼拝したのでしょう。この博士たちはいったいどういう人たちでしょう?どうしてそのような信仰を持っていたのでしょう?どうして聖書の預言を知っていたのでしょう?
 新改訳聖書で「博士たち」と訳されているギリシャ語は「マゴス」という語です。新共同訳では「占星術の学者たち」と訳されており、NIVでは「Magi」マギ、という英語に訳されています。この「マゴス」は、ペルシャ王国時代に宗教儀礼を司っていた祭司を指す言葉でしたが、次第に変化して、特別な知恵や不思議な力を持つ人々を指す言葉となり、不思議な魔術や奇跡を行う人のことを言うようになりました。英語のマジック、マジシャンの語源です。(諸説の中には、彼らは東方の王たちであった、天文学者であった、占い師であったとも考えられています。)

 その彼らがどうしてイエス・キリストの誕生を知り得たのでしょうか?・・・彼らが知り得た理由は一つしか考えられません。それは預言を知っていたということです。つまり、神の預言者たちが告げた預言を大切に保管し、継承し、信仰を持っていたと考えられます。彼らが住んでいたのは、イスラエルから見て東方にあるチグリス・ユーフラテス川沿いの地方だったでしょう。現在のイラク国の場所です。かつてはバビロン帝国が栄え、多くのイスラエル人が捕囚民として引かれていった国です。その中には預言者ダニエル、エゼキエルがいました。さらにハガイ、ゼカリヤ、エズラ、ネヘミヤらがいました。彼らの多くは預言者であり、ダニエルをはじめとして彼らはバビロン国において大きな影響力を持ちました。バビロンの人たちから見ればダニエルらはまさに最高のマゴス、マギでした。預言をし、夢を解き明かし、炎の中でも焼かれない奇跡の人たちでした。したがって、これらの預言者たちから学び、その信仰を継承していった人たちがバビロンにもたくさんいたと想像されます。救い主キリストの誕生についても預言者の預言を信じて待ち望んでいたと考えられます。

 星についての預言は旧約聖書中にありませんが、(ただ一か所、民数記24:17にありますが、抽象的で具体性がありません)旧約聖書にまとめられなかったダニエル、エゼキエル等の預言に「キリストがお生まれになるときには星が現れる」という預言があったのでしょう。もともと占星術が盛んな国であったバビロンでしたから、彼らの預言は大切な預言としてバビロニアの地域において受け継がれていったはずです。エルサレムを訪れた博士たちもその預言を信じ、神の大いなる時のしるしとして星の出現を観察していたのだと思われます。時が満ちて、突如現れた星は通常の星の動きとは全く異なる動きをしていたので、博士たちもすぐに気が付いたのでしょう。キリストが降誕された夜に現れた星をはるか東方から見て、エルサレムへの旅行計画を立て、準備し、長い旅をしてエルサレムへ着きました。そして再び星が出現して博士たちを幼子イエスの元へ導いたのです。
 さらに博士たちについて言えば、彼らは三人で旅をしたのではなく、おそらく数十人あるいは百人近い大集団でエルサレムを訪れたと考えられます。召使たちを伴い、盗賊に襲われないため集団で移動したはずです。彼らが大人数で威風堂々と訪れたので、ヘロデ王も恐れ戸惑い、エルサレム中が混乱したことがうなずけます。

2.キリストの誕生を喜ばない人たち

 キリストの誕生を喜ばない人たち――それはヘロデ王とエルサレムの住民たちでした。ヘロデはユダヤにおけるヘロデ王朝の最初の王でした。彼はローマ皇帝に取り入り、ローマの兵隊を借りて軍事力でユダヤを鎮圧して王となった人です。そのためユダヤ人から嫌われていましたが、エルサレム神殿を大改修して見事な神殿を造りなおしたことで、一部のユダヤ人たちから称賛を受けました。残忍な王であったため、恐れて誰も文句を言う人がいなかったこともあります。彼の元に東方の博士たちが来て「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました。」と言われたのですから、ヘロデ王にとっては「寝耳に水」であり、自分の王位を奪われるかもしれないと恐れ惑ったのです。ヘロデにとってキリストはどうでもよかったのです。それよりも自分の地位のほうが大切でした。

 また、メシアの誕生を喜ぶべきエルサレムの住民たちは、メシア誕生について全く理解しておらず、博士たちの報告を聞いても喜ぶことが出来ませんでした。エルサレム住民にとって博士たちの訪問は不愉快であったに違いありません。メシアの誕生を自分たちは知らないのに、なぜ「異邦人」が知っていて、礼拝に来たのか?――彼らも戸惑ったのです。
 ヘロデ王はその愚かさのゆえに、お生まれになった救い主の殺害を計画し、実行しようとしました。ベツレヘムに住む2歳以下の男の子を一人残らず殺させました。・・人間はなんと恐ろしいことをするのでしょう。自分の地位、権力を守るため罪なき子どもたちを殺させたのです。
 問題は人の内側の高慢です。高慢は、マタイによる福音書の中で一つのテーマとなっていると私は思います。聖書は人間の高慢がすべての罪のはじめであり、救い主を十字架につけた原因であり、救い主を拒否する理由であると教えています。

3.現在も同じ

 この聖書箇所を読むとき、二千年前も現在も、同じことが起きていると思います。二千年前、預言通りに救い主がお生まれになったというメッセージを喜ぶ人たちと、喜ばない人たちがいました。同じように現在も救い主のメッセージが伝えられています。「救い主がお生まれになりました。罪の赦しを与えるためにキリストが十字架に架かり、死んでよみがえられました。」このメッセージを喜ぶ人と、喜ばない人がいます。
 喜ばない人の理由は、ヘロデ王と同じです。「自分の生活が一番大切」だからです。「神などいらない。大切なのは権力とお金だ」と信じているからです。また、エルサレム住民と同じように「外国人が言っていること」だから、受け入れたくないのです。それで日本人は「外国の神様はいらない」となるのです。
 確かに日本には誇れるものがたくさんあります。世界に誇れる有名メーカーがあり、世界最高水準の製品を作ることが出来ます。しかし、どんなに頑張っても私たちは神様を造ることはできません。宗教を造ることはできても神様を生み出すことはできません。その理由は当たり前のことですが、「神様が私たちを造られた」からです。日本製の車、外国製の車はあっても、日本の神様とか外国の神様と言うのはありません。それなのにどうして「外国の神様はいらない」と言うのでしょう?この天地万物の創造者はただお一人です。その創造者が人間に預言を与え、御子を遣わし、十字架に架け、罪の赦しと永遠のいのちを与えようとされているのです。私たちは真理と真実を受け入れるべきです。高慢を捨ててへりくだり、天地万物の創造者に心を開き、救い主のメッセージを受け入れてください。

 はるばる東方からやって来た博士たちの労苦は報われました。長い時間をかけ、莫大な費用を費やし、彼らは誕生された救い主を礼拝したいと願って遠い国からやってきました。星が幼子のおられるところに留まった時、彼らは歓喜の声を上げて喜びました。そして幼子イエスにお会いすることが出来たときには涙を流して感謝したことでしょう。彼らが礼拝旅行のために骨折ったことも、時間も費用も一瞬にして最高に価値あるものに変えられたのです。
 現在、私たちが御子イエス・キリストを礼拝するために教会の礼拝に集うことは決して無駄ではありません。誰でもキリストに信頼する者は失望させられることはありません。救い主キリストは確かにあなたを救い、あなたのたましいを生き返らせ、あなたを義の道に導かれます。たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、わざわいを恐れる必要はありません。主がともにおられるからです。あなたのいのちの日の限り、いつくしみと恵みがあなたを追ってくると、聖書は約束しています。(詩篇23篇)