本文へスキップ

心に響く聖書の言葉


マタイによる福音書3章1-17節「バプテスマを受ける主イエスA」



1.水のバプテスマ

 バプテスマのヨハネは、史上最も偉大な人であり、キリスト来臨の道備えをした人です。彼がヨルダン川で授けた水のバプテスマは「悔い改めのバプテスマ」と呼ばれるものでした。そのヨハネの元に、主イエスがバプテスマを受けるために来られました。
3:13 そのころ、イエスはガリラヤからヨルダン川のヨハネのもとに来られた。彼からバプテスマを受けるためであった。

Q.なぜ主イエスは水のバプテスマを受ける必要があったのでしょうか?

 ヨハネのバプテスマは「罪を悔い改めた証し」として受けるのに、なぜ悔い改める必要のないイエス・キリストが彼からバプテスマを受けられたのでしょうか?イエス様に悔い改めるべき罪があったとでも言うのでしょうか?・・そんなことはありえません。ヨハネ自身もその必要がないことを知ってイエス様に次のように質問しています。
3:14 しかし、ヨハネはそうさせまいとして言った。「私こそ、あなたからバプテスマを受ける必要があるのに、あなたが私のところにおいでになったのですか。」
 イエス様の答えは15節です。
3:15 しかし、イエスは答えられた。「今はそうさせてほしい。このようにして正しいことをすべて実現することが、わたしたちにはふさわしいのです。」そこでヨハネは言われたとおりにした。
 バプテスマを受けること、バプテスマを授けることは正しいことだからという理由です。けれども、ヨハネのバプテスマは罪を悔い改めた証しとしてなら、なぜキリストが受ける必要があるのでしょう?依然として疑問は残ります。人々へ模範を示すためとも考えられますが、それだけのためにバプテスマを受けられたとは考えられません。

Ans.この答えはヨハネが授けた水のバプテスマの究極的な目的にあると思います。
 ヨハネのバプテスマの目的は「
悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」です。つまり、「もうすぐメシアが来られるから、神に立ち返ってメシアを迎えよう」と言う意味です。イエス様も「メシアとしての働き」の準備という目的を持って、ヨハネからバプテスマを受けられたと言えるでしょう。罪びとにとってヨハネのバプテスマは「悔い改めてメシアを迎える準備をする」ために受けるのですが、罪を犯されなかった主イエスにとっては「メシアとしての働きの準備をする」ために受けられたと考えられます。それを証明するかのように、4章からメシアとしての働き、公生涯が開始されていきます。イエス様がおよそ30歳の時です。それまではヨセフとマリアの子として両親に仕え、ひたすら大工の仕事を続けておられました。その人がバプテスマを受けたことをきっかけに、メシアとしての働きをスタートされたのです。

 30歳という年齢を聖書の中で検索すると面白いことが分かります。ヤコブの息子のヨセフがエジプトでパロに仕えるようになったのが30歳でした。イスラエルの初代の王様のサウルが王様になったのが30歳。ダビデが王様になったのも30歳。そして祭司として立てられ会見の天幕で奉仕する人は30歳から50歳までの人でした。(民数記4章参照) これらのことから、重要な働きをする人は30歳からということが分かります。イエス様も30歳になられてから三年半と言われる公生涯をスタートされます。ですから水のバプテスマを受けられた理由は、「天の御国到来のための準備」そして「メシアとしての公生涯を開始する」ためと言えるでしょう。

2.聖霊のバプテスマ

 イエス様がヨハネから水のバプテスマを受けられると、不思議な出来事が起こりました。
3:16 イエスはバプテスマを受けて、すぐに水から上がられた。すると見よ、天が開け、神の御霊が鳩のようにご自分の上に降って来られるのをご覧になった。
3:17 そして、見よ、天から声があり、こう告げた。「これはわたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ。」

 聖霊がくだり、父なる神の御声が天からありました。これは三位一体の神の啓示です。「神の御霊が鳩のようにご自分の上に降って来られるのを」というのは「聖霊のバプテスマ」と言われます。聖霊のバプテスマは私達にも起こることです。もちろん、イエス様が受けた聖霊のバプテスマと私たちが受ける聖霊のバプテスマの意味や受け取り方は全く異なります。私達が受ける聖霊のバプテスマはキリストを救い主として信じ、救われる時に起こります。聖霊が私たちの内に住んでくださるようになります。そしてそれは目に見えません。次の聖書箇所は聖霊の内住について記しています。
テトス 3:6 神はこの聖霊を、私たちの救い主イエス・キリストによって、私たちに豊かに注いでくださったのです。
Tコリント 6:19 あなたがたは知らないのですか。あなたがたのからだは、あなたがたのうちにおられる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたはもはや自分自身のものではありません。


しかし、ここでも一つの疑問が生じます。
Q.なぜ聖霊のバプテスマを受ける必要があったのでしょうか?
 神の子であるキリストに、なぜ聖霊が下る必要があったのでしょうか?イエス様は三位一体の神ですから、常に聖霊と共におられたのではないでしょうか?

Ans.この答えもキリストの公生涯の開始のためと考えられます。 聖霊と一つであるイエス様に改めて聖霊が降ったことは、神様から油注ぎを受けたということでしょう。イスラエルで王となる場合に必ず行われる儀式が油注ぎでした。同じようにイエス・キリストもメシアとして、同時にダビデの王座に就くイスラエルの王として、働きの始まりのためにどうしても油注ぎが必要でした。神様は聖霊によってイエス・キリストの頭に油注ぎをされたと考えることが出来るでしょう。目に見える形で聖霊が注がれたことにより、人々に対してメシアとして承認、宣言されたと言えます。
(イスラエルの王となるときの油注ぎは、聖霊のバプテスマを象徴していたのかもしれません。聖霊のバプテスマを受ける前もイエス様には聖霊がありましたが、さらに聖霊が注がれたと考えます。聖霊は油のように注がれるものと考えると理解しやすいでしょう)

 霊的な目が開かれていない人は、三位一体の神を理解できないので、「キリストは神ではない、聖霊は神の力であって神ではない」と断言します。しかし、聖書は私たちに父、子、聖霊が常に一つであり、天地創造の時から共に働かれており、それぞれが神としての性質が示されています。神様を人間の理屈で捉えることはできません。神様が示された啓示を受け入れることが大切です。

3.父なる神様の御心に従う

 イエス様が水のバプテスマを受けられ、聖霊のバプテスマを受けられたのは、メシアとしての公生涯の開始のためでした。その宣言を父なる神様がされました。「これはわたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ。」これ以上の宣言はないでしょう。イエス様は父なる神が愛され喜ばれるおかたです。それはイエス様が父なる神様のひとり子であり、御心に完全に従われるおかただからです。

 クリスチャンはイエス様の御足の跡に従う者です。イエス様が行われたように父なる神の御心に従うことが求められています。信仰を持っていれば、「バプテスマなど受ける必要がない、礼典など守る必要がない、教会へ集わなくてもよい」と考える人たちもいます。しかし、バプテスマを受けることは正しいことだとイエス様が教えられました。信仰は行いを伴ってこそ本当の信仰です。神様を信じているだけなら悪霊達でも信じて恐れています。違いは何かと言うなら、信仰者は神様の御心、みことばに従うことです。バプテスマを受けること・毎日の食事と同じように御言葉の糧をいただくこと・教会に集い、礼拝し、賛美し、祈り、ささげること・そして福音を宣べ伝えること---いずれも神様の明らかな御心です。
 バプテスマのヨハネは偽善者であったパリサイ人、サドカイ人に命じました。「悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」---あなたはクリスチャンとして実を結んでいるでしょうか?天国のゴールに入るときに、栄光の冠をいただくことが出来るでしょうか?

 オリンピックにおいて、バドミントン競技の選手らが失格処分を受けてしまいました。次の試合で強いチームとの対戦を避けるために、この試合は負けておきたいと考え、無気力試合を続けたためでした。彼女たちはスポーツマンシップに反する行為を犯しても賞を受けたいと考えました。私達も気を付けなければ、彼女たちと同じように、愚かな歩みのために賞を受けられなくなってしまいます。
 イエス様の十字架の贖いによって救われたことを感謝しつつ歩み、実を結ぶ者となりましょう。水のバプテスマを受けていない方は、その決心が出来ますように。罪を犯している人はその罪を捨て去ることが出来ますように。だらしない生き方を続けている人は、世の光として歩むことが出来ますように。