マタイによる福音書9章27-38節 「イエスはキリストです」

 マタイ8-9章において、10のしるしが記されています。これらのしるしはイエス・キリストが神から遣わされたメシアであることの証明です。病人をいやし、悪霊を追い出し、暴風を静め、死人を生き返らせました。神にしかできないことをイエス・キリストは行われました。「イエス・キリスト」と私たちは呼びますが、キリストは名前ではありません。救い主と言う意味でヘブル語でメシア、一般では救世主とも呼ばれます。「イエス・キリスト」とは「イエスは救い主である」という信仰を表した言い方です。イエスは天から来られた約束のキリストです。救世主、メシア、救い主です。

1.二人の盲人のいやし

9:27 イエスがそこを出て、道を通って行かれると、ふたりの盲人が大声で、「ダビデの子よ。私たちをあわれんでください」と叫びながらついて来た。
9:28 家に入られると、その盲人たちはみもとにやって来た。イエスが「わたしにそんなことができると信じるのか」と言われると、彼らは「そうです。主よ」と言った。
9:29 そこで、イエスは彼らの目にさわって、「あなたがたの信仰のとおりになれ」と言われた。
9:30 すると、彼らの目があいた。イエスは彼らをきびしく戒めて、「決してだれにも知られないように気をつけなさい」と言われた。
9:31 ところが、彼らは出て行って、イエスのことをその地方全体に言いふらした。
 二人の盲人が「ダビデの子よ」と叫びながらイエス様の後をついて来ました。「ダビデの子」とは「メシア」と同じ意味です。聖書の預言によって「ダビデの子孫からメシアは生まれる」とユダヤ人は知っていましたので、キリストのことをこう呼んだのです。
 疑問に感じるのは、イエス様が盲人たちをすぐにいやされなかったことです。彼らが叫びながらついてきているのにイエス様は無視しているようです。家に入り、そこまで彼らがついてきたときにやっと彼らをいやされました。どうしてイエス様は他のいやしのしるしと同じように、ただちに彼らをいやされなかったのでしょうか?・・・ これは盲目である彼らの立場に立って考えることが必要だと思います。彼らは目が見えないという障害を負っていました。当時の障害者は仕事に就くことが出来ない為、神殿や会堂の入り口に座らせてもらい、人々のあわれみをいただいて生活していました。物乞いの生活です。そういう生活は次第に「人のあわれみをいただいて当然、人の世話になって当然」という障害者独特のおごりになってしまうことがあるそうです。盲人らはどんな病気をも直してくれるメシアが来られたと聞いて、あわれみを期待しイエス様一行のおられる所へと出ていきました。彼らは「私たちをあわれんでください」と要求します。あわれんでもらって当然という彼らの心境が含まれているのだと思います。
 しかし、イエス様に無視されたときに、彼らの気持ちはどうだったでしょう?どうしてという疑問と同時に、怒りがこみ上げたかもしれません。それでも、さっさと進んでいかれるイエス様の後をついて行くしかありませんでした。頼れるお方はこのメシア以外にないのですから。どれほどの時間、彼らが付いて行ったのか分かりませんが、彼らにとって貴重な時間でした。彼らの心は次第に「あわれんでもらって当然」という意識から、「どうか助けてください。あなたしか私たちを救うことが出来るお方はいないのですから」という気持ちに変わっていったのだと思います。イエス様は「わたしにそんなことができると信じるのか?」と質問されます。「私がメシアだと信じるのか?」という事です。イエス様はこの質問によって「目が見えない」という障害の問題から、ご自身の事に目を向けさせています。つまり、「目が見える、見えない」という問題より、「キリストを信じるのか信じないのか」と言う問題に彼らの心の目を向けさせています。
 「そうです。主よ。」・・素晴らしい答えでした。「あなたがたの信仰の通りになれ」・・この言葉にイエス様が二人の盲人に求められた真理があります。目が見える事より、キリストを信じるという事が、大切なことです。信仰を持つときにすべての解決があるからです。二人の盲人はすぐに目が開かれました。イエス様の偉大な力の現れでした。そして信仰の勝利でした。
 このしるしの結末にはもう一つの疑問があります。「決して誰にも知られないように」と厳しく戒められたことです。なぜ誰にも話してはいけないのでしょうか?・・聖書にははっきりとした答えがありません。推測が許されるなら、次の理由からでしょう。
・イエス様が十字架に架かる前に、すべき働き、語るべき言葉があったから。
・しるしだけが先行しないため。人々に伝えるべきは神の国の福音であり、しるしや奇跡だけが伝えられるべきでないから。
・地上王国の祝福やしるしを求めて人々が集まるようになるから。初臨の目的は十字架の贖いであり、千年王国ではない。

2.悪霊に憑かれて口のきけない人のいやし

9:32 この人たちが出て行くと、見よ、悪霊につかれて口のきけない人が、みもとに連れて来られた。
9:33 悪霊が追い出されると、その人はものを言った。群衆は驚いて、「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない」と言った。
9:34 しかし、パリサイ人たちは、「彼は悪霊どものかしらを使って、悪霊どもを追い出しているのだ」と言った。
 10番目のしるしは、口のきけない人のいやしです。今日なら、この人も障害者と言われる人です。マタイはこの人が悪霊によって口がきけなくなっている人だと記しています。イスラエルでは悪霊によって口がきけない人は、だれにも治すことが出来ないとされていたようです。しかし、イザヤ書にはメシアが来られるときには口のきけない人が喜び歌うようになると預言してありました。
イザヤ35:1 荒野と砂漠は楽しみ、荒地は喜び、サフランのように花を咲かせる。
35:2 盛んに花を咲かせ、喜び喜んで歌う。レバノンの栄光と、カルメルやシャロンの威光をこれに賜るので、彼らは【主】の栄光、私たちの神の威光を見る。
35:3 弱った手を強め、よろめくひざをしっかりさせよ。
35:4 心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ、恐れるな。見よ、あなたがたの神を。復讐が、神の報いが来る。神は来て、あなたがたを救われる。」
35:5 そのとき、目の見えない者の目は開き、耳の聞こえない者の耳はあく。
35:6 そのとき、足のなえた者は鹿のようにとびはね、
口のきけない者の舌は喜び歌う。荒野に水がわき出し、荒地に川が流れるからだ。
 したがってユダヤ人の間では、メシアが来られるときにこの預言は成就されると信じられていました。ですから口のきけない人のいやしはイエス様がメシアであるという証明となったのです。群集は驚いて「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない」と言いました。

 けれども素直に受け入れない人たちもいました。偵察に来ていたパリサイ人たちです。彼らの高慢の罪がイエス様のしるしを素直に受け入れなかった原因だと以前お話ししました。ガリラヤ出身の田舎者、貧しい大工の息子、30歳そこそこの若造がメシアであるはずがないと。もう一つの理由はねたみでした。群衆がイエス・キリストの教えに驚嘆し、そのしるしを見て熱狂する姿を見てイエス・キリストをねたみました。人間の恐ろしいところは、気に食わない人がいるとき、その人が何をやっても気に入らないのです。悪意を持ってすべて受け取るからです。このパリサイ人たちもそうでした。イエス・キリストがどれほど良い教えをしても、神のしるしを行っても、彼らは気に入りませんでした。屁理屈を言ってますます憎んだのです。この彼らの高慢とねたみが後々、キリストを十字架刑に追いやりました。群衆は指導者たちの強い意見に逆らうことが出来ず、キリストを十字架につける事に賛成し、ある人たちは黙って知らないふりをしたのです。霊的なことを言えば、その中にいた一人が私であり、あなたもそこにいたのです。全人類がキリストを十字架につけ、殺したのです。しかし、父なる神様はこのキリストを墓からよみがえらせました。それは私たちに福音が宣べ伝えられるためです。イエス様は間違いなくメシア、キリストであるからです。

 マタイはここで二つの選択を私達に示しています。一つはキリストのしるしを見て、その偉大な御わざに驚き、素直に受け入れ、神様を賛美する生き方です。もう一つは悪意を持ってキリストを否定し、神の言葉を無視して生きる生活です。ここまで10のしるしがありました。それを聞いてあなたはどう考えるでしょうか?イエスは救い主だと信じるでしょうか?全部作り話だと考えるでしょうか?イエスがキリストなのかどうか色眼鏡をかけず、考えてほしいのです。イエスがキリストだと、どうか信じてください。

3.羊飼いがいない羊

9:35 それから、イエスは、すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされた。
9:36 また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。
9:37 そのとき、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。
9:38 だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」

 これまでのイエス・キリストの働きのまとめとなっています。すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされました。そして目の前の群衆が救いを求めて集まっている姿を見て、「彼らをかわいそうに思われた」のです。これがイエス様の群衆に対する思いです。どうしてかわいそうなのか・・・「羊飼いがいない羊の様に弱り果てて倒れている」…教え導いてくれる人がいないので、人生に疲れ、目的がなく、希望のない人生を送っているからです。その原因は「働き手が少ない」という事です。多くの人が救いを求めています。彼らに御言葉を伝え、導く牧者が必要です。イエス様一人では到底対応できません。働き手が必要です。

 この状況は今の日本でも同じだと感じます。求めている魂、病んでいる魂が多く、自ら死を選ぶ人さえいます。福音が宣べ伝えられ、正しく導いてくれる働き人がいれば、その人たちの魂は息を吹き返すのです。日本のクリスチャン人口は1パーセントの壁を超えることが出来ない状態です。日本の風土が問題ではありません。問題は働き人が少ないという事です。
 日本の教会数は2009年度で7164教会という統計がありました。東京が863教会で最も多く、人口10万人に対しての教会数が一番多いのは、沖縄で15.2教会です。岐阜県が最も少なく3.1教会。3万人に一つの教会しかありません。愛知県内には266教会ありますが、10万人にたいしての教会数は3.6教会で、岐阜県の次に少ない状況です。約28000人に対し1つの教会しかないのです。その少ない教会で後継者がいなくて無牧となっている教会があります。残念なことです。
 イエス様は「働き手を送ってくださるようにまず祈りなさい」と言われます。働き手を神様が送ってくださるという事は注目すべきことです。働き手になれと言うのではなく、送ってくださるように祈れと。宣教は人間主導ではなく神様主導なのです。人の栄光ではなく神様の栄光があらわされるためです。私が、ではなく、あの人、ではなく、神様が与えてくださるように祈ることから始めましょう。