マタイによる福音書25章31-46節 「羊と山羊のたとえ」

 24章から続いたオリーブ山での説教は今日の箇所で終りです。26章からは受難の出来事に続きます。今日の箇所は、世の終わりの出来事を預言されたイエス様の締めくくりの教えとなっています。
25:31 人の子が、その栄光を帯びて、すべての御使いたちを伴って来るとき、人の子はその栄光の位に着きます。
25:32 そして、すべての国々の民が、その御前に集められます。彼は、羊飼いが羊と山羊とを分けるように、彼らをより分け、
25:33 羊を自分の右に、山羊を左に置きます。
25:34 そうして、王は、その右にいる者たちに言います。『さあ、わたしの父に祝福された人たち。世の初めから、あなたがたのために備えられた御国を継ぎなさい。
25:35 あなたがたは、わたしが空腹であったとき、わたしに食べる物を与え、わたしが渇いていたとき、わたしに飲ませ、わたしが旅人であったとき、わたしに宿を貸し、
25:36 わたしが裸のとき、わたしに着る物を与え、わたしが病気をしたとき、わたしを見舞い、わたしが牢にいたとき、わたしをたずねてくれたからです。』
25:37 すると、その正しい人たちは、答えて言います。『主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹なのを見て、食べる物を差し上げ、渇いておられるのを見て、飲ませてあげましたか。
25:38 いつ、あなたが旅をしておられるときに、泊まらせてあげ、裸なのを見て、着る物を差し上げましたか。
25:39 また、いつ、私たちは、あなたのご病気やあなたが牢におられるのを見て、おたずねしましたか。』
25:40 すると、王は彼らに答えて言います。『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』
25:41 それから、王はまた、その左にいる者たちに言います。『のろわれた者ども。わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火に入れ。
25:42 おまえたちは、わたしが空腹であったとき、食べる物をくれず、渇いていたときにも飲ませず、
25:43 わたしが旅人であったときにも泊まらせず、裸であったときにも着る物をくれず、病気のときや牢にいたときにもたずねてくれなかった。』
25:44 そのとき、彼らも答えて言います。『主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹であり、渇き、旅をし、裸であり、病気をし、牢におられるのを見て、お世話をしなかったのでしょうか。』
25:45 すると、王は彼らに答えて言います。『まことに、おまえたちに告げます。おまえたちが、この最も小さい者たちのひとりにしなかったのは、わたしにしなかったのです。』
25:46 こうして、この人たちは永遠の刑罰に入り、正しい人たちは永遠のいのちに入るのです。」


一、諸国民のさばき

 イエス・キリストが再臨され、千年王国の王となられる時にさばきが行なわれます。大災害が続く患難時代を生き抜いた全世界の人々が集められ、さばかれます。羊飼いが羊と山羊とを分けるように、全世界の生き残った人々が分けられ、羊は王国へ入り、山羊は永遠の火(永遠の地獄)に入ります。
 @矛盾
 ここで、さばきの基準となるものは今まで聖書を学んできた人たちにとっては理解しがたい内容です。「キリストの兄弟と呼ばれ、しかも最も小さい者たちのひとり」に対して愛と憐れみの行いをしたかどうかという事によって判断されるのです。善い行いをした人が王国へ入れるのなら、キリストを信じる信仰は無意味です。聖書は一貫して信仰によって人は天の御国へ入ることが出来ると教えているはずです。このイエス様の教えの矛盾はなぜでしょう?・・・世の終わりの時代をよく理解することが鍵となります。「キリストの再臨と千年王国」の表を参照してください。


A時代の理解
 教会時代は「恵みの時代」、「聖霊の時代」、「異邦人の時代」とも呼ばれます。それぞれ教会時代の特徴を表しています。
 ・恵みの時代;何の善い行いもない者が、信じる事により救われ、律法を課されない。
 ・聖霊の時代;信じたときに聖霊が内住し、永遠の命を持つ。
 ・異邦人の時代;異邦人がイスラエルと共に神の祝福に預かる
 教会は空中携挙によって天に引き上げられます。クリスチャンが一斉にいなくなるので、世界中で大混乱が起こるはずです。もし、その時にあなたが地上に残っているなら、今日聞いた聖書の預言をぜひ思い出してください。

B患難時代の目的
 教会時代の後、七年間の患難期が始まります。この期間はいわば旧約時代と同じようにイスラエル中心の時代に戻ります。異邦人の時代が終わったからです。患難期の目的はイスラエルの信仰回復です。
ホセア 11:8-9 エフライムよ。わたしはどうしてあなたを引き渡すことができようか。イスラエルよ。どうしてあなたを見捨てることができようか。どうしてわたしはあなたをアデマのように引き渡すことができようか。どうしてあなたをツェボイムのようにすることができようか。わたしの心はわたしのうちで沸き返り、わたしはあわれみで胸が熱くなっている。わたしは燃える怒りで罰しない。わたしは再びエフライムを滅ぼさない。わたしは神であって、人ではなく、あなたがたのうちにいる聖なる者であるからだ。わたしは怒りをもっては来ない。
 ローマ人への手紙でパウロははっきりとこのことについて教えており、イスラエルが将来、信仰回復することを預言しています。
ローマ11:25-27 兄弟たち。私はあなたがたに、ぜひこの奥義を知っていていただきたい。それは、あなたがたが自分で自分を賢いと思うことがないようにするためです。その奥義とは、イスラエル人の一部がかたくなになったのは異邦人の完成のなる時までであり、こうして、イスラエルはみな救われる、ということです。こう書かれているとおりです。「救う者がシオンから出て、ヤコブから不敬虔を取り払う。これこそ、彼らに与えたわたしの契約である。それは、わたしが彼らの罪を取り除く時である。」
※「イスラエルはみな救われる」という預言が患難期に実現します。しかし、イスラエル人なら誰でも救われるのではありません。
ローマ9:6-8 しかし、神のみことばが無効になったわけではありません。なぜなら、イスラエルから出る者がみな、イスラエルなのではなく、アブラハムから出たからといって、すべてが子どもなのではなく、「イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる」のだからです。すなわち、肉の子どもがそのまま神の子どもではなく、約束の子どもが子孫とみなされるのです。
ローマ9:27 また、イスラエルについては、イザヤがこう叫んでいます。「たといイスラエルの子どもたちの数は、海べの砂のようであっても、救われるのは、残された者である。
ローマ11:5 それと同じように、今も、恵みの選びによって残された者がいます。
教会時代も患難時代もこの原則は変わりません。信仰をもったイスラエル人が救われるのです。しかし、その数は今のキリストを信じるユダヤ人(メシアニックジュー)の数の比較にならないほど多いでしょう。


 患難期前半(三年半)に144000人のイスラエル人がキリストを信じ、神様の守りの中で宣教します。イスラエルにリバイバルが起こり、エルサレム神殿が再建されます。イスラエルは神の選びの民として信仰復帰するのです。エゼキエル37章に面白い預言があります。「干からびた骨、ドライ・ボーンズ」の預言です。
エゼキエル37:7-11 私は、命じられたように預言した。私が預言していると、音がした。なんと、大きなとどろき。すると、骨と骨とが互いにつながった。私が見ていると、なんと、その上に筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をすっかりおおった。しかし、その中に息はなかった。そのとき、主は仰せられた。「息に預言せよ。人の子よ。預言してその息に言え。神である主はこう仰せられる。息よ。四方から吹いて来い。この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。」 私が命じられたとおりに預言すると、息が彼らの中に入った。そして彼らは生き返り、自分の足で立ち上がった。非常に多くの集団であった。主は私に仰せられた。「人の子よ。これらの骨はイスラエルの全家である。
 集められた骨であるイスラエルに息が与えられる時が患難時代です。
 ※神様はイスラエルという民族を選んでこれを愛されています。私達にはとても不公平のように思えますが、これは信仰の父と呼ばれるアブラハムとの約束に基づいています。アブラハムは試みられた時、愛するひとり子さえ惜しまずに神様にささげようとしました。その信仰のゆえに、神様は彼と彼の子孫を祝福し、愛されているのです。そして約二千年後に、父なる神様もそのひとり子イエスを惜しまずに死に渡してご自身の愛を示されました。ここに聖書の奥義があります。
 患難時代が三年半過ぎたとき、反キリストが全世界を支配します。そして反キリストがエルサレム神殿に立つとき、イスラエル人に対する大迫害を開始します。ホロコーストより悲惨な未だかつてないほどの迫害の時です。全世界の人がイスラエルを憎み、軍隊を編成して北イスラエルにあるメギドの丘に集結します。これが有名な「ハルマゲドンの戦い」です。その迫害からイスラエルを救うためにキリストがオリーブ山へ再臨されます。そして今日の聖書箇所のさばきが行なわれ、小羊の婚礼があり、千年王国が始まります。その様な時代背景を理解して、イエス様の預言を解釈していきましょう。

二、解釈

@救われる羊
『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。』
 この「イエス様の兄弟、しかも最も小さい者」とは誰を指しているでしょうか?・・・イエス様の兄弟と呼ばれ、なおかつ、最も小さい者(最もみじめな人たち、最も苦しんでいる人たちという事でしょう)とは?・・患難時代に大迫害を受けるイスラエル選民に間違いないでしょう。したがってイスラエル選民に対してどのようにふるまったかで、さばきが決定されるということです。神が四千年前、アブラハムに「あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。創世記12:3」と、約束された言葉と同じです。世界中がイスラエル人を迫害する中でイスラエル選民をかくまい、食事や着る物を与え、保護する人たちとは・・・聖書の言葉を信じ、神のご計画を理解している信仰者以外ありません。患難期においてイスラエルを保護することは反キリストの命令に背くことですから、自分も迫害されることを覚悟しての行いなのです。そう考えるなら、この聖書箇所の矛盾が解けることになります。

Aさばかれる山羊
 さばかれる山羊に目を向けると、ここにも驚くべきことが見えてきます。彼らは全く信仰を持っていない不信者たちかといえばそうではありません。彼らはこういっています。
25:44 そのとき、彼らも答えて言います。『主よ。いつ、私たちは、あなたが空腹であり、渇き、旅をし、裸であり、病気をし、牢におられるのを見て、お世話をしなかったのでしょうか。』
・・彼らはキリストのために働き、キリストに仕えてきたと弁明しています。つまり、彼らは表向きはキリスト信者であり、信仰者だと自負しているのです。彼らはイスラエル人を迫害することにより、キリストに奉仕していると思っているのです。しかし、それはとんでもない間違いです。
 黙示録17章には、患難期において世界教会が誕生することが預言されています。「大バビロン」「大淫婦」とも呼ばれています。その指導者のことを黙示録では「にせ預言者」と呼んでいます。(黙示録16:13、19:20)にせ預言者はしるしや奇跡を行うため、全世界の人々は彼の言う事を信じてしまいます。彼の象徴は
黙示録17:4 この女は紫と緋の衣を着ていて、金と宝石と真珠とで身を飾り、憎むべきものや自分の不品行の汚れでいっぱいになった金の杯を手に持っていた。
そして、人々に葡萄酒を飲ませる人です。(黙示17:2) 表向きはキリスト教です。キリストのためといってイスラエルを迫害するのです。彼らの信仰は間違っており、彼らにくだる神のさばきは永遠の刑罰です。これが今日の聖書箇所の解釈です。
※マタイ13章には毒麦のたとえがありましたが、それは教会時代に起こる偽教会、偽クリスチャンを預言していました。25章では世の終わりにおける偽教会、偽クリスチャンについて預言しています。

三、まとめ

 私たちはオリーブ山での説教を通して何を学ぶことが出来るでしょうか?・・世の終わりに起きる出来事を知るのはもちろんですが、神様の真理として次のことを教えられます。
@神様の約束は永遠に真実
 神様は約束を必ず守られるお方であり、その言葉は永遠に真実であることを教えられます。イスラエルに与えられた約束は、彼らが不信仰だからといって取り去られたり、変更されたりすることはありません。約束された祝福を教会が取って代わることはなく、イスラエルに必ず実現します。神様の約束は変わることがありません。だから、私たちクリスチャン(教会)に約束されている御言葉も真実であり、必ず実現するのだと信じることが出来ます。
※「神の賜物と召命とは変わることがありません。ローマ 11:29」・・イスラエルについて教えられている個所での言葉です。
A永遠のいのちと地獄
 聖書は永遠の命と永遠の地獄を確かに教えています。地獄があることを否定する神学者もいます。神は愛だからという理由です。しかし、次のように書かれています。
25:41 それから、王はまた、その左にいる者たちに言います。『のろわれた者ども。わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火に入れ。
25:46 こうして、この人たちは永遠の刑罰に入り、正しい人たちは永遠のいのちに入るのです。」

 永遠の刑罰があることを主イエスは教えておられます。どうしてイエス様の言葉を否定できるでしょうか。神様は愛なるお方であると同時に義なるお方です。神様は罪人を裁かれなければなりません。しかし、父なる神は滅びに向かっている私たちを救い出すためにひとり子を惜しまずに死に渡され、救いの方法を与えられました。キリストの十字架の贖いによる救いです。キリストがあなたの受けるべき刑罰を背負って死んでくださいました。このイエスを信じ、あなたの主と告白するなら、あなたの罪はすべて赦され、永遠の命を持つと約束されています。ですから、私たちクリスチャンは心を尽くして命ある限り、証しをし、福音を伝え続けるのです。
B目を覚ましていなさい
 オリーブ山での説教を通して世の終わりに起こる出来事を知ったなら、教えられたとおり私たちは目を覚まして、主が再び来られる時に備えましょう。ロトの妻のように後ろを振り向いてはいけません。主イエスが迎えに来られた時、「良くやった、忠実なしもべだ」という言葉を聞くことが出来るなら、これに勝る祝福はありません。